食器

今も昔も親しまれる「波佐見焼」

今も昔も親しまれる「波佐見焼」

波佐見焼(はさみやき)とは長崎県北東部にある波佐見町で作られている陶磁器です。歴史も古く、始まりはなんと約200年前の江戸時代。当時は高級品でしたが大衆向けに大量生産することで、コストを抑え、良質でリーズナブルな日用食器となりました…

詳細を見る
PAGE TOP